2009年08月08日

痛風 ガイドラインのことなら

こんにちは、今日は痛風 ガイドラインについてです。

<googleニュース>
病院で高尿酸血症と診断されたのですが…
内科の血液検査で尿酸値が8.2あり、高尿酸血症と診断されました。食事や生活改善を指導され、1ヵ月後に再検査をすることになりました。薬の処方はありませんでした。酒好き、おつまみ好き、肥満体系など、

痛風になったような、ならないような、、、、、
日本痛風・核酸代謝学会のガイドラインによれば、、、プリン体を含む食事をとらないようにするのは困難なので、プリン体の多い食事を避けるように注意するとあります。 (以下の図はガイドラインから引用しました) また、ビールを飲むと2.5倍になるが ...

意外に知らないプリン体が多いメニュー!?
意外に知らないプリン体が多いメニュー> 痛風ガイドラインによれば、 尿酸値が高い痛風予備軍にとって理想的なプリン体摂取量は、 1日400mg以下。 朝昼晩の食事に含まれるプリン体はあわせて400mg以下にしたほうがいいのです。 <プリン体とは?> ...

猫のガイドさん

現代日本における高尿酸血症・痛風の患者タイプ別診療コンパス
価格: 2,940 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
著者:東野一弥出版社:メディカルレビュー社サイズ:単行本ページ数:134p発行年月:1998年02月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)本書では高尿酸血症・痛風が決して楽観視できる疾患ではなく、その診断・治療・患者管理に多大な配慮が必要であることを述べる。そのために、本疾患の患者を肥満・高血圧症・飲酒家…といったタイプ別に分類し、そのタイプからみた高尿酸血症・痛風の病態、診断、治療、予防等について解説を行うという、既存の単行本にはない構成をとっている。またこの分野の最新の研究成果について、セミナーやレクチャーという項目で随時解説している。【目次】(「BOO



「腰痛」は終わる! - 「世界の診療ガイドライン」に基づく最新の腰痛治療

価格: 1,470円 レビュー評価:4.5 レビュー数:30

 本書を購入しようとする人には、著者の前作である
「腰痛は怒りである」やサーノ博士の「ヒーリングバックペイン」
などをまず読んでみることを個人的におすすめします。

 本書では、EBMを用いて日本の一般的な腰痛治療に
対する疑問点を投げかけてくれます。しかし、トピック
→体験談→トピック→体験談→・・・とあまりにワンパタ
ーンな展開になっていて、人を納得/満足させる読み物
になっていないのが残念です。専門用語が多く使われて
いるせいか漢字ばかりで読みにくい印象もあります。
(医療現場の人間にとっては、患者さんの説明のために
辞書的な使い
...さらに詳しい情報はコチラ



いびき解消
高血圧症navi
FX スワップ比較

posted by 虎にんじゃ2 at 00:15| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。